地元コミュニティ

西荻窪の縄文遺跡の展示会

西荻窪駅の南口からまっすぐ南下して7分ぐらい歩くと、アトリエすす途というギャラリーがある。オーナーの矢島さんの陶芸アトリエにもなっている。

そこで、西荻窪の縄文遺跡と暗渠という2つのテーマが合体したユニークな企画展示をしている。

井草川という暗渠が我が家の裏手を水源として流れ出て、上井草の駅を超え、環八を渡り、やがて妙正寺にいたるというルートだ。杉並区北部を流れる妙正寺川の源流なのだが、井草川はすっかり暗渠になり、井草川という表示を地図で見かけることはないのだ。

その井草源流そしてその流域が、縄文遺跡と合致するというのだ。

そのときのリサーチしたことが展示されている。

また、縄文土器をモチーフにした焼き物やクッキー、さらに土偶のクッションなど、縄文関連の作品も並んでいる。

地元のことがわかる展示というのはなんだか楽しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です