家づくり

家の庭まわりを快適に、かつ安く仕上げるか

今回の家づくりで、想定以上に建材の値段の高値によって建物に予算をとられてしまった。

そこで、庭などをいかに安く仕上げるかが命題だった。

当初の見積もりでは、約160万円となっていた。それを全部、自分でやりくりして、60万円以下でできたのだ

その60万円のうち、46万円がウッドデッキだ。
もちろん、これも自分でやってしまえば、安くあがったのだろう。
しかし、インターネットで調べたところ、それなりの機材や日程を要することがわかった。
また、実際、設置する場所は、建物と塀に囲まれていて、風通しの悪い場所だ。そのため、木製をあきらめ樹脂製にしたのだ。湿気の高いところでは、維持メンテナンスがたいへんであることもわかってきた。
そういう条件で調べて「エクスショップ」というのを見つけ、そこに依頼した。
幅が約1.5メートルで奥行が7.9メートルの廊下のようなデッキに仕上がった。

やはり安定がある。工期は2日間だったが、そのうちの丸一日が基礎に費やされた。

その後、通りまで、ウッドデッキから四角い30センチ四方のタイルを自分で購入して並べたのだが、これが意外と難しい。どうしてもグラグラしてしまうのだ。さらに、ぴったりと平行にいかない。
なるほど、そこがプロとアマの仕事の違いなのだと関心した。

そこで、タイルは、通路のみにして、他は芝生にした。本来は、通り側には全面にタイルを敷こうと考えたのだが、工事の難しさと予算の面で方針転換をした。

芝生は、思いのほか安い。近所のホームセンターで、10枚セットで税込みで490円だ。一方、タイルは1枚で300円。

ホームセンターで、芝生の敷き方を習い、さっそく実践した。予想以上の出来栄えに満足だ。あとはしっかりと根付くのを祈ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です